バイクの買取王 バイクの排気量別一覧

バイクの排気量別一覧

同じバイクでも買取業者によって金額が変わる

50ccクラス

50ccバイクは、基本的に原付バイクのことを指します。

車種としては、DIOやエクセル、スカッシュなど国、メーカー問わずに製造されています。

バイクの中では、一番普及しているのがこの50ccバイクなので、通勤や通学などに使用している方も多いのではないでしょうか。

古くなってき…

80ccクラス

80ccバイクは、原付二種(通称小型)となり、普通二輪小型限定免許が必要です。
原付バイクよりも一回り大きいバイクになります。

車種としては、チャンプ80やタイフーン80などがあり、国・メーカー問わずに製造されています。

50ccバイクと違い、法定速度も60km/hになるため、原…

90ccクラス

90ccバイクは、原付二種(通称小型)となり、普通二輪小型限定免許が必要です。
原付バイクよりも一回り大きいバイクになります。

車種としては、ジョーカー90やリード90などがあり、国・メーカー問わずに製造されています。
ただ、日本では珍しいかもしれません。

50ccバイクと違い…

100ccクラス

100ccバイクは、原付二種(通称小型)となり、普通二輪小型限定免許が必要です。
原付バイクよりも一回り大きいバイクで、ピンクや黄色のナンバープレートが付いています。

車種としては、スピードファイト100やスペイシー100などがあり、国・メーカー問わずに製造されています。

50c…

110ccクラス

110ccバイクは、原付二種(通称小型)となり、普通二輪小型限定免許が必要です。
原付バイクよりも一回り大きいバイクで、ピンクや黄色のナンバープレートが付いています。

車種としては、DIO110やアドレス110などがあり、国・メーカー問わずに製造されています。

50ccバイクと違…

125ccクラス

125ccバイクは、原付二種(通称小型)となり、普通二輪小型限定免許が必要です。
原付バイクよりも一回り大きいバイクで、ピンクや黄色のナンバープレートが付いています。

車種としては、スプリント125やラビット125などがあり、国・メーカー問わずに製造されています。
日本では、ヤマハや…

135ccクラス

135ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

車種としては、スパーク135ccなどがあり、国・メーカー問わずに製造されています。
また、形状もスクータータイプか…

150ccクラス

150ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

維持費も安く、車両価格も比較的安いため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種とし…

160ccクラス

160ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

維持費も安く、車両価格も比較的安いため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種とし…

180ccクラス

180ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

維持費も安く、車両価格も比較的安いため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種とし…

200ccクラス

200ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)となり、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

250ccバイクと比べると、維持費も安く、車両価格も比較的安い、高速道路も乗れるため、通勤・通学に、趣味に乗って…

230ccクラス

230ccバイクは、少し中途半端な排気量ですが、125ccを超えているため、普通自動二輪車(軽二輪)となり、普通自動二輪免許が必要です。原付2種よりも一回り大きいバイクです。

230ccバイクと比べると、維持費も安く、車両価格も比較的安い、高速道路も乗れるため、通勤・通学に、趣味に乗って…

250ccクラス

250ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。
原付2種よりも一回り大きいバイクです。

400ccバイクと比べると、維持費も安く、車両価格も比較的安い、高速道路も乗れるため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、…

350ccクラス

350ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。
原付2種よりも一回り大きいバイクです。

400ccバイクと比べると、維持費も安く、車両価格も比較的安い、高速道路も乗れるため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、…

390ccクラス

390ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。
原付2種よりも一回り大きいバイクです。

400ccバイクと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、高速道路も乗れるため、通勤・通学に、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種…

400ccクラス

400ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、普通自動二輪免許が必要です。
原付2種よりも一回り大きいバイクです。

大型バイクと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、乗り心地もよいため、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、ZEPHYR…

500ccクラス

500ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

750ccと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、乗り心地もよいため、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、T-MA…

530ccクラス

530ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

750ccと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、乗り心地もよいため、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、T-MA…

550ccクラス

550ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

750ccと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、乗り心地もよいため、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、GT55…

600ccクラス

600ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

750ccと比べると、少しですが維持費も安く、車両価格も比較的安い、乗り心地もよいため、趣味に乗っている方もいるのではないでしょうか。

車種としては、シルバー…

650ccクラス

650ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

650ccバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いように思います。
土日になると、ツーリングに出…

700ccクラス

700ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

700ccバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いように思います。
土日になると、ツーリングに出…

750ccクラス

750ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクで、ナナハンと呼ばれています。

750ccバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いように思います。
土日…

850ccクラス

850ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクです。

850ccバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いように思います。
土日になると、ツーリングに出…

1000ccクラス

1000ccバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクで、リッターバイクとも言われています。

1000ccバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いように思いま…

1000cc~クラス

1000cc超えバイクは、普通自動二輪車(軽二輪)で、大型自動二輪免許が必要です。
普通自動二輪よりも一回り大きいバイクで、リッターバイクとも言われています。

1000cc超えバイクともなると、維持費や車両価格というで選ぶというよりも、乗り心地やデザインに自分らしさを求める方が多いよう…

バイクを高額買取りできる理由

厳選されたバイクの買取業者

厳選された買取業者

「バイクの買取王」では、バイクの高額買取りを掲げ、サービス・対応が優れた買取業者を厳選して掲載しています。

誰もが知ってる一流の買取業者から全国から厳選した納得の専門業者まで、幅広くバイクの査定額を見積もることができます。

初めてでも安心して中古バイクを買取に出すことができます。

1分で出来る査定依頼

簡単!1分で出来る査定依頼

バイクの年式や走行距離、車種名など簡単な情報を入力するだけで簡単に査定依頼を申し込むことが出来ます。

インターネットならではの365日24時間、あなたの好きなタイミングでOK!空いた時間に買取金額を調べることが可能!

専門スタッフが、あなたのバイクの概算金額を素早く提示します。

複数申し込みもOK!

複数申し込みもOK!

「バイクの買取王」では、厳選された買取業者を複数掲載しています。そのため、複数の買取業者に査定を依頼して、競わせることも可能です。

愛車・バイクを少しでも高く売りたい方は、複数の業者に査定依頼を出すことで、思ってもいない金額が出るかもしれません。

あなたのバイクの価値を見出してくれる業者を探してみては?

独自の販売ルートを確立

独自の販売ルートを確立

基本的に、買い取ったバイクはオークションなどで売られます。

掲載している業者では、自社の販売店舗や自社の整備工場、海外への輸出ルートなどを確立。

コストを最小限に保ち、中間マージンを抑えているからこそ、買取金額に反映させることが出来ます。

おすすめの中古バイク買取業者

バイク王

24時間365日全国対応【バイク王】

  • 不動車・事故車・車検切れでもOK
  • ナンバー1だから出来る高額買取
  • 面倒な手続きも無料代行

バイクワン

全国無料出張買取【バイクワン】

  • 全国無料出張買取対応!
  • 24時間365日査定依頼可能!
  • 事故車・不動車・外車もOK!

バイクブロス

バイクの一括査定【バイクブロス】

  • 復讐業者へ一括査定依頼!
  • 大型バイクから原付バイクまでOK
  • 全国無料出張買取対応!

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

バイクの情報を入力

バイクの年式・走行距離、色などのバイクの情報とお客様の名前・電話番号などの情報を入力して下さい。

簡単入力で、最短1分で入力完了します!

情報送信で査定完了

バイクの情報とお客様情報が正しく入力されていれば、それで査定完了。

専門スタッフからのご連絡が行きますので、少々お待ち下さい。

複数業者に競わせる

一つの業者だけでなく、複数業者に競わせたいという場合には、このステップを繰り返すだけです!

高く売れる業者を見つけましょう。

今すぐ査定する!

中古バイク/スクーター買取情報

バイク買取に必要な書類

バイク買取に必要な書類

バイクを売却する方が未成年の場合や名義が異なる場合等によって、必要になる書類が変わってきます。

買取業者には、必ず提出することになるので、前もって用意しておいた方が、スムーズに買取を進めることが出来ます。

「買取に必要な書類」ページへ

バイク買取の流れ

中古バイク買取の流れ

バイクの買取を依頼するのが初めてという方は、まずはじめに、買取の流れ・フローを確認しましょう。

査定依頼をしたはいいものの、手間取ってしまっては時間がもったいないです。スムーズに進めましょう。

「バイク買取の流れ」ページへ

バイクの高額買取の時期

バイクの高額買取の時期

バイクが高額買取されやすい時期は、3月から4月と言われています。

というのも、この時期は、入学や就職、あるいは転勤後の初出社など、通学や通勤に使うためにスクーターや小型・中型バイクの需要が高まります。

「高額買取の時期」ページへ

バイクの買取業者の選び方

バイクの買取業者の選び方

基本的に、大手の業者が行っているサービスなのですが、小さい業者だと出張査定が有料のところもあります。

バイクを売るときに、あまり費用を掛けたくない方がほとんどだと思いますが、出張査定で出張費を取られるのも…。

「買取業者の選び方」ページへ

高額買取りできる理由

高額買取りできる理由

バイクの買取大手やオークション、販売店など、業者ごとに高額買取できる理由をまとめました。

愛バイクをどこに売却するか迷っている方は、こちらのページを参考にして見てください。

「高額買取りできる理由」ページへ

高額買取のコツ

高額買取りできる理由

バイクの純正品を用意することや、清掃をすることなど、バイクを査定依頼する前に行ったほうが良いことや、コツなどをまとめました。

売却時に損をしないように、このページは見ておきましょう。

「高額買取のコツ」ページへ

Top
バイクの買取王 バイクの排気量別一覧